大きいサイズのメンズアウターについて

大きいサイズのメンズアウターについて

アウターとは?今いちど確認

「アウター」
雑誌やインターネットなど、いたるところで目にするファッションワードですが、意外に皆様、しっかり理解していない言葉のようです。ちゃんと理解している人も、していない人も、今いちど「アウター」とは何なのか確認しておきましょう。
 
「アウター」とは、ひと言で言うと「上着」。もっと言えば「外に着る服」が「アウター」です。たとえば、「ジャケット」は当然「アウター」。「コート」も「アウター」。そして「パーカー」も「アウター」です。
 
上半身に着る服を「トップス」と呼びます。ときどき「トップス」と「アウター」という言葉を混同している人がいますが、「トップス」は「Tシャツ」「ポロシャツ」「コート」など、すべてが含まれますが、「ポロシャツ」は「アウター」ではありません。ただ、ネットショップなどでは「トップス」とか「アウター」という名称で分けられていることは少ないかもしれません。
 

大きいサイズのメンズアウター

アウターがどんなものなのか理解したので、そのアウターたちについて理解を深めましょう。
 
  • ジャンパー・ブルゾン
ジャンパー(ブルゾン)は、そもそも運転手や現場作業をする人が着ていた上着です。現在、さまざまなスタイルのものがありますが、基本的には活動的な上着やスポーツウェア、防寒着を総称してジャンパーと呼ぶことが多いようです。
 
  • 革ジャン
大きいサイズのメンズアウターとして、革ジャンはひじょうに人気のアイテムです。馬や豚の皮革を使用した製品のほか、合成皮革を使用した製品もあります。バイカーが好んで着用する「ライダースジャケット」も革ジャンのひとつです。特に本革製品は、時が経つにつれ風合いが出て、より魅力的になります。
 
  • スカジャン
スカジャンは、横須賀発祥のジャケットです。横須賀に駐留した米軍兵士たちのお土産として、和風の刺繍が施されたジャンパーが作られたのが始まりです。光沢感と派手な刺繍が魅力。大きいサイズのメンズアウターの中でも、ひじょうに人気のアイテムです。
 
  • ダウンジャケット
ダウンジャケットは、内部に羽毛を使用した防寒着。大きいサイズの製品も多くあり、冬場には欠かせないアイテムとなっています。
 
  • パーカー
パーカーは、頭にかぶるフードがついていることが特徴です。最近はスウェット地の「フッディー(Hoodie)」を指して「パーカー」と呼ぶことが多いようですが、本来は防寒機能に優れたフード付きジャケットなども含めた、幅広い製品が「パーカー」に該当します。
 
  • MA-1
永遠の定番アウターと言っても過言ではない「MA-1」は、元々は米軍のフライトジャケットです。シンプルな外見は着る人を選びません。極寒には向きませんが、日本の気候で着るのにちょうど良い防寒アウターだと言えるでしょう。大きいサイズでも絶大な人気を誇るアイテムです。
 
  • モッズコート(M51)
モッズコートはM51という、やはり米軍が発祥のジャケット。極寒に耐える防寒着として生まれましたが、1960年代頃に流行したモッズファッションに取り入れられたことから、現在でも音楽やモッズファッションに傾倒する人たちを中心に人気のアウターとなっています。
 
  • ウォームアップジャケット
ウォームアップジャケットは、アウトドアやトレーニングなどに最適なスポーツウェアです。スポーツブランドやアウトドアブランドなどから数多くの製品が発表されています。ストリートファッションに取り入れる人も多い、人気のアウターでしょう。
 
  • スタジャン
スタジャンは「スタジアムジャンパー」を略したもので、多くの場合、チームのロゴやマスコットなどのワッペンが貼り付けられています。ボタンで留めるタイプの製品が多いようですがジッパータイプのスタジャンもあります。メジャーリーグデザインやキャラクターデザインの製品が人気です。
 
  • 大きいサイズのメンズ半袖パーカー
半袖のアウターは、季節を問わず重宝します。スウェット地や、着心地の軽い綿混繊維で作られた製品が多いようです。
 
  • 大きいサイズのメンズベスト
大きいサイズのベストも人気です。元々はアウターというよりは、下着と上着の間に着る「インナー」だったようですが、現在の日本では、ノースリーブの中衣、もしくは上着を総称してベストと呼ぶようです。セータータイプの製品や中綿の入った防寒ベストがアウターとして人気です。
 
  • 大きいサイズのメンズジャケット
ベストとくればジャケットですね。大きいサイズのカジュアルジャケットは、なかなか無いと思いきや、最近はネットショップで気軽に買うことができるようですね。シンプルなデザイン、シンプルなライン、そして軽い着心地の製品が人気のようです。
 
  • 大きいサイズのメンズアウター、サイズ感
アウターのサイズ感。これは洋服全般的に言えることですが、メーカーによってまちまち、そして国によってもまちまちです。実際は「実寸」を確認して購入するのが一番確実なので、自分のサイズを知っておくことは大切です。
 

【参考】サイズの測り方

胸囲
胸囲は脇の下から肩甲骨を通るラインで計測します。
 
ウエスト(腰回り)
ウエストは、ボトムスのウエスト位置で計測します。
 
裄丈(ゆきたけ)
裄丈は首の真後ろから肩、そして手首までの長さです。
 
ネック(首回り)
大きいサイズでは重要な首回りのサイズ。単純に首回りを量ればOKですが、実寸より3センチぐらい余裕を見るといいでしょう。
 
サイズ表記もまちまち、これは現状、慣れるしかない
大きいサイズのアウターに限ったことではありませんが、大きいサイズのサイズ表記(XXL、2XL、XO)などは本当にややこしいですよね。実はお店の方でもなるべく合わせようとしているようなのですが、メーカーや国によって表示方法はバラバラ。すべてにおいて統一された規格など無いようで、消費者にとってもショップオーナーにとっても悩ましいというのが実情です。
 

大きいサイズのアウター、意識したい「ライン」

「ライン」をご存じですか?ファッションにおける「ライン」とは、シルエットを意識して服をコーディネートすることです。おしゃれなシルエットを作るための指針には「Aライン」「Iライン」「Yライン」などがありますが、今回は大きいサイズのあなたをスリムに見せる「Yライン」をご紹介しましょう。
 

大きいサイズのアウターで作る「Yライン」

「Yライン」は、上半身にボリューム感を持たせ、下半身は細身のシルエットにするコーディネートの方法です。
 
体格を隠すために大きめの服を着ることは御法度ですが、「Yライン」は基本、上半身をボリューミーにするので、大きいサイズの方もとっつきやすいでしょう。アウターを上手に使って上半身のボリュームを出すので、夏場は少し難しいかもしれませんが、天竺編みのパーカーなどをスキニージーンズやテーパードパンツなどと合わせてみましょう。冬場はファイヤーマンコートなど、着丈の長いコートやジャケットでホットにキメてみたいものです。
 

大きいサイズのメンズアウターを選ぶ

アウターはジャンパー、コートなど、外側に着る服のことです。大きいサイズのアウターを選ぶ際には、大きいサイズなりの注意点があります。
 
自分の体格に合った服を選ぶこと
 
体格を隠すように大きめのサイズを選ぶのではなく、ちょうど良い服を選ぶようにしましょう。更に、アウターで上半身のボリュームを出しつつ、下半身は細身のボトムスでスリム感を出す「Yライン」にコーディネートすることで、おしゃれでスッキリとしたシルエットを演出してみましょう。


【大きいサイズ】メンズのTシャツ・パーカー・アウター・パンツ・デニム・ジャージ・ベルト・帽子